So-net無料ブログ作成
検索選択

料亭とデディベア・ミュージアム [memory]

昨年11月、飛騨高山をご案内していただいたときの思い出写真。
sRIMG0002.jpg sRIMG0014.jpg
sRIMG0016.jpg sRIMG0017.jpg
料亭「洲さき」さんは、江戸時代後期(1794年)に創業され、
天領だった頃の風情を今も留めています。
建物やお庭、調度品なども、何回でも足を運んで楽しみたい貴重な場所でした。
銘々膳での懐石、足元を掘られていないお座敷なので、
これは足が痺れるぞ~と心配するそばから、あい引きをすぐにお貸しくださり、
快適にご馳走になりました。

念願だった「飛騨高山テディベア エコビレッジ」http://www.teddyeco.jp/
sRIMG0037.jpg sRIMG0045.jpg
sRIMG0041.jpg sRIMG0068.jpg
sRIMG0047.jpg sRIMG0080.jpg
sRIMG0083.jpg sRIMG0085.jpg
sRIMG0079.jpg sRIMG0077.jpg上中央にヨンさまベア

地球ルームにて。
sRIMG0063.jpg
館長のご主人(プロカメラマン)様が夫を撮影してくださいました。(ノ*゚▽゚)ノ ウォォォォォン
sRIMG0070.jpg sRIMG0057.jpg

常設展、企画展、パワースポットなどなど、
仲間とワイワイ一緒もよし、、カップルでも、ひとりで楽しめる。
全ては観切れなかったので、またいつかきっと!

コメント(3) 

浅草レビュー [ちょこっとレポ]

  • jillcchijillcchi昨日浅草ROXまねきねこにて虎姫一座のレヴュー観賞。エノケンと笠置シヅ子のヒットソングとても楽しかった!浅草ファン宝塚ファンとしても楽しめる。一座の若い皆さん、健気に頑張っていて好感。写真を撮ればよかったな。出演者(和太鼓)のかたのブログ→http://bit.ly/gLc9Wv

ツイッターでつぶやいた後、ソロで歌うシーンもある會澤あゆみさんにフォローされた。
會澤さんのブログ:http://ameblo.jp/utatte-waratte/

その虎姫一座のレビュー
小倉久寛さんの解説で、レビューと浅草の歴史を映像で見せてくれるのだが、
これが楽しかった。
エノケンも笠置シヅ子も、復興中の日本を元気にしたのだなあ。
買い物ブギを当時のフィルムで観ても、
ポリ袋なんてないから、買い物籠持参。
エコと言わずとも、それが当たり前なのだけど、かごバッグって可愛い。
しかし、エノケンの選曲って、なんてお洒落なんだろう。
私は、ほとんどを宝塚レビューで聴いたのでお馴染みだった。

レビューの後は、浅草寺の宝蔵門から右手、スカイツリーの方角に進むと
左手に見える「アミューズ・ミュージアム」へ。
sRIMG0009.jpg
お正月は、助六塾「歌舞伎をもっと楽しむ」 という興味深い企画が催される。
sRIMG0006.jpg
屋上から見たスカイツリー。左の建物が、ひしゃげて見える。ぷぷ

sRIMG0010.jpg
反対側の眺め。左に建つのが宝蔵門。夜景も綺麗!

「私の青空」をファッツ・ドミノ盤で。


コメント(2) 
共通テーマ:芸能

Hold On, I'm Comin' [音楽]



内田裕也とフラワーズは、一時期、管楽器奏者を数名擁していた。
そんなとき、新宿ニューACBで1度だけ観た聴いた、
サム&デイブのヒット曲「ホールドオン、アイムカミン」!
うぅ、痺れまくった。今でも、この曲を聴くとブルブルくる。
管と弦が踊りながら演奏、振り付けがバッチリ決まっていたのだ。
この動画、本家のは管だけが振り付けされている。
でも観れるって、嬉しい!
基本の振りは同じだから。
フラワーズのは、もっとキレがよくカッコよく、
照れ具合も楽しかったのだが。
そうそう、腰をくねくねさせるところもあったし、
横一列になって、ステージ前面に進み出てきたのだ。
私にとってはサプライズ。
持ち歌ではないのに、どういう経緯でああなったのかな?(謎)

タグ:フラワーズ
コメント(11) 
共通テーマ:音楽

ノーウェアボーイ [映画]

11/9 映画「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」を観た。
(コレットマーレ内の横浜ブルグ13にて)
sRIMG0006.jpg
ジョン・レノンの多感な少年期を描いた作品ということで、
ジョンを演じる役者が、イメージに合っているか不安だったが、
厳しいオーディションで選ばれたであろうから、
ま、大丈夫だろうな・・・
そんな気持ちで観始めた。
ところが、どひゃ~ん!
期待以上で、徐々に若き頃のジョンそのものに見えてくる。
ジョンのキラキラした魅力が生き生きと、
溢れんばかりにスクリーンに踊っていた。

ジョンレノン・ミュージアムを見学したことが、ちょうど予習になって、
模型で見たミミ伯母さんの家が、そっくり実物大で出現し、
ジョンが授業中に描いた漫画が、鮮やかに進行形で出来上がっていく。
展示してあった写真が動き出したような場面もあり、
それだけでも興奮してしまった。
sRIMG0005.jpg
両親の諍い、二人の母に愛されるという不安定な境遇、
愛され愛したひとが次々と亡くなるという不幸、
それをジョンは、最もジョンらしく乗り越えていく。
涙なしでは観られなかった。(もうポロポロ)
夫は、「歳のせいかな?涙もろくなったよ」と言っていた。

コメント(0) 
共通テーマ:映画

毛皮のエロス [映画]

毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト
(監督スティーヴン・シャインバーグ 2006年度製作)

写真家」「異形の種」というキーワードに反応する自分には、どツボの映画だった。
フリークスに対し、畏怖と同時に畏敬の念を覚えるので、
写真家のヒロイン(ニコールキッドマン)に感情移入でき、
ワクワクドキドキ、高揚感を味わえた。
fur-dvd.jpg
なんの予備知識もないまま、ロバートダウニーJr.の出演作を追っかけ中に
出会った作品だが、彼はいつも期待以上。
目だけの演技が彼ならではで、目の周りから口以外、毛に覆われていても、
なんてキュート、ラブリーなんだ!毛を剃らなくてもいいじゃないかと思ってしまった。
「歌う大捜査線」では重度の皮膚病患者で、目を伏せたくなるような症状なのに、
なんと!チャーミングだったのだ。
未見の「トロピック・サンダー」では、整形手術で黒人になってしまうオーストラリア人役だし。

そもそもは、彼が「アリーMyラブ」で、ステイングと
「Every Breath You Take  見つめていたい」を歌ったときに、ハートが射抜かれ・・・
曲との相乗効果かとも思ったが、難役を見事にこなす実力者でもあったのだ。
子役から中年のアイアンマンまで、どの年代でも魅力的なのは稀有なこと。
出演作を制覇するまで、無上の楽しみは終わらない。(。-∀-)ニヒ♪


以下は「毛皮のエロス」の予告編です。

続きを読む


コメント(2) 
共通テーマ:映画

John Lennon Museum [ちょこっとレポ]

8・21私めの誕生日、「ジョン・レノン・ミュージアムが9月で終わってしまうから」と
夫に誘われ行ってきた。
sfp0032.jpg
ゆったりとした贅沢な空間、充実した展示に時の経つのを忘れて想いにふける。
心を研ぎ澄ますと、ジョンの魂に触れることができそうな感動で涙がにじんできた。

導入部はミニシアターで、ジョンの生涯を数分でまとめたムービー。
時代ごとに部屋が分かれ、「あなたに自由に感じ取ってほしい」という優しさが漂う。
つまり、、、それがLOVE。LOVE。LOVE。

あの有名なジョンとヨーコのギャラリーでの出会い、「Yes,」も擬似体験できる。
ジョンが実際に使ったギターも、至近距離で観れるのだ。
信じられないけど幻じゃない゚・(´∀`*)゚
最後のイベントルームとラウンジは、時間が足りず観られなかったので、
また行けるといいな。
エントランスは撮影OK!
sfp0025.jpg
sfp0023c.jpg
sfp0033.jpg
sfp0029co.jpg(←サムネイル↓)
sfp0029c.jpg

sfp0035.jpg
sfp0046.jpg

記念に買ったTシャツなど。
sfp0007.jpg
子供の頃から認められていた絵を描く才能、それが紛れもない事実だと分かる。
商品にはなっていないようだが、サラサラっと描いた墨絵に目を見張った。
誘ってくれた夫に大感謝です。
sfp0051.jpg
そのほかの、ブライス写真こちら
コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Alice's Flower Garden Necklace [art]

息子が録画したTV番組で、Q-potのデザイナー、ワカマツ タダアキ氏と作品を知り、
ティム・バートン監督とのやりとりなどを観て、興味を持った。
楽しく精巧な作品ばかりで、蒐集意欲がそそられる。
でもでも、今は"Alice's Flower Garden"と"Wood Biscuit Coffee"のNecklace2品だけ。
きりがないもの~お値段的にも食玩のようにはいかないから無理ぽ。
sfp0014.jpg
アリスネックレスには一目惚れ、(*^o^*)
本物のお花を使っているので、一点一点少しずつ違う。
お店で選ばせてもらった。
ガラスではなく、樹脂なので軽く、首に良いです。

fp0003.JPG
ビスケットの方は、サンドしてあるクリームがめちゃ美味しそうなの。
これも、天然の木を使っているので、木目や色味がみな違う。
sfp0001.jpg

楽しいQ-potのHPで、ブライスのチャリティ・イベントプリンセスアラモード」展に参加されていたことなど、
遅まきながら知った。(*´□`)あ゙ー
タグ:Q-Pot
コメント(2) 
共通テーマ:アート

大輪の薔薇のプリザ [art]

母の日の戴きもの。。。
sfp0011.jpg
大好きなフラワーデザイナー"DOLCE"田村和美さんのプリザーブドフラワー
この独自の美しさはスペシャルで、素晴らしいスキルす。
sfp0012.jpg
千疋屋のアップルクーヘンも一緒に届いたのだが、
嬉しくて美味しくて、写真を撮る前に胃袋へ。ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

sfp0022.jpg
次男からの一筆もまた嬉しかったよぉ!
コメント(4) 
共通テーマ:アート

みなとみらいで [memory]

6月7日の結婚記念日は、みなとみらいで過ごした。
その前に、横浜高島屋でQ-pot「不思議の国のアリス」のペンダントをゲット。(*^^)v
そして、ニューオータニ・インで気の張らないディナーを戴いた。
sfp0001.jpg
コレットマーレのレインボウで夫が注文した花束を、大隈店長が届けに来てくれた。
この時期、リーズナブルな芍薬がふんだんに使われていて、とっても綺麗!!(^▽^喜)
sfp0029.jpg
ダイニング&カフェ"sea"の皆さん、質問に何でも答えてくださったりで、ご親切ありがとうございました。
sfp0009c.jpg
ここから眺めるだけだったあの大観覧車、思い出に乗ってみようということになり、
みなとみらい21区にあるアミューズメントパーク、コスモワールドに向かった。
sfp0011.jpg

sfp0012.jpg
sfp0031.jpg

最終の回転に間に合い、うん十年振りかで乗りこんだのだ。
sfp0033.jpg
sfp0035.jpg
sfp0036.jpg
sfp0037.jpg
私が写真を撮るため移動すると、なんと!夫が「動かないでよ~」と固まっていた。
ひょっとして怖い?初めて見た夫の青ざめた表情。
何十年一緒にいても、知らない部分があったんだね。(≧∇≦)
sfp0038.jpg
仕舞い仕度の射的、ではなくボール当て?で、夫が1回だけやらせてもらった。
気分は十代のカップルだ。ぷぷ 子豚の風鈴をもらったよ。
パパ、楽しい思い出をありがとう~~感謝♪
駅に向かう途中の「ハードロックカフェ」で、一杯飲んで、
ここで、大切なQ-potのアリス・ペンダントを、ニューオータニ・インに忘れたことに気付き、(爆)
あそこなら安心とホッとした。
〆はコレットマーレのオープンカフェ。ハワイアンのかき氷をふたりで食べた。
コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

立浪部屋打ち上げ [ちょこっとレポ]

朝青龍が防波堤になっていてくれていた。
朝青龍が、馬鹿の一つ覚えの輩に叩かれている間は、
日本人力士が何をしたって平気の平左。てか??
角界の野球賭博事件・・・((( ( ̄  ̄メ) )))←怒りのオーラ発生中。。。
かつて、黒い霧事件があったことも、やっちゃいけないことがあることも、
何も知らない人達なのか。
プロ野球の黒い霧事件をウィキで見てみたら、ヤクルトのとき大好きだった亡き船田和英は、
西鉄時代、「敗退行為の勧誘を受け、報告せず」という罪で「一年間の野球活動禁止」。
これって、重くない?
「オートレース八百長に参加」した人たちが「3ヶ月の出場停止」の処分に比べると。
船田の発奮材料になったことはなったでしょうけど・・・
余談はさておき、

5月場所の立浪部屋打ち上げに於いて。、
場所が始まる前、「立浪親方が理事選挙で造反した一人だと分かり破門か」というニュースが流れ、
いろいろな方に心配されたけれど、事実無根の出鱈目記事だった。
濡れ衣を着せられた記事に、きちんと対処しなかったことを親方はお詫びした。
何やってんだか、マスコミ。真実の記事も、またガセかと信用できなくなってしまうやん。

猛虎浪が勝ち越し、竜王浪が7戦全勝で序の口優勝した。\(*^o^*)/
超久し振りに優勝者がでたので、明るい会合になりました。
sfp0009.jpg
sfp0011.jpg
sfp0014.jpg
序の口優勝した竜王浪にサインをもらった。笑顔が良く知的な好青年でした。
sfp0013.jpgsfp0014.jpg
コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。