So-net無料ブログ作成

ジョー山中さん葬儀 [音楽]

2011年8月12日 (キリスト品川教会にて)

兄弟の中でただ一人、肌の色が違い、
小学2年のときに結核で入院中、お母様を亡くされたジョーさん。
その生い立ちから、尊い生き様を牧師さんがお話になった。
s-20110812121223.jpg
桑名正博さん、モックン・也哉子夫妻。写真にはないが前から2列目に大木トオルさんも。
モックンは、姿勢もピシッと折り目正しい雰囲気で感心した。
祈祷のあと、賛美歌アメージンググレイスを一同で歌い、
献花の際は、ジョーさんの歌声が教会に響き渡った。
内田裕也さんの弔辞が胸に迫り、涙があふれ出てしまった。
素晴らしかったです、裕也さん。弔辞:http://www.uchidayuya.com/special/joe/index.html
奥様もお子さんたちも、美男美女!
s-20110812124207a.jpg
s-20110812130607.jpg
s-20110812130832.jpg
s-20110812131123.jpg

昔、ジャズ喫茶でフラワーズの演奏にゲストとして加わり、
唯一無二の歌声を聴かせてくれたっけ。
裕也さんの秘蔵っ子でした。

以前一緒にプレイした夫(橋本健)より(悲報を聞いた際のFBコメント):
「最高の歌手でした。彼を知ったのは491の時代です。
よく対バンドになって演奏しました。シャウトする声にしびれた。
フラワ-ズ時代、彼のボーカルで何曲か録音したが、
べ-スを弾くのが楽しかった。解散後にFTB結成で海外で活躍しました。
裕也さんも辛い思いだと思います。
ジョーさんのご冥福をお祈りします。」
s-RIMG0023.jpg
参列者全員が戴いたDVDに心底癒されました。
Going Back To Jamaica


コメント(2) 
共通テーマ:音楽

YARDBIRDS [音楽]

3/5 六本木ビルボードライブにて。

3大ギタリストのクラプトン、ベック、ジミー・ペイジが在籍したことで伝説と化したバンド、
ヤードバーズ。。。
オリジナルメンバーのクリス・ドレイヤ(リズムギター)とジム・マッカーティ(ドラムス)は、
それなりの年輪を感じさせるからいいのだが、
若いリードギターとヴォーカルが、、、残念だった。
海の向こうは、もっと弾けるギタリストや、かっこいい歌い手が、
はいて捨てるほどいると思っていたが。
日本と同じく、秀でた才能のあるギタリストは少ないのかな?
アンディ・ティモンズを聴いたばかりなので、余計にレベルの差が顕著。
服装もお話にならない。
とは言っても、ベースは音が出ていて感じもよかったし、
曲が楽しいから、まいっか。
パワーハウスがよくカバーしていて、シンキのギターはマジ・サイコーでしょう。
夫は今でも信じているよ、親友だったシンキのことを。
シンキ~!ずっと変わらぬ想いで待ってるよ。 by Hashiyan



昔の写真やポスター、好きだ!

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ANDY TIMMONS BAND [音楽]

3/1  六本木STB139にて。

また来日したら絶対に行く!と思わせてくれたアンディ・ティモンズ。
男性客が断然多かったのだが、
私は、アンディの魅力に魅入られ、正直イキそうになった。
ギターの音、テク、勿論最高!
STBのキャパだから、身体から醸し出されるオーラを直、感じ取れる。
セクシー且つ知的。センス良し、清潔、そして優しそう。左薬指の指輪がキレイだし。
口を一文字に結び、ニコッとする笑顔にキュンキュンきてしまった。
ドラムとベースのトリオ編成で、ベースのソロもあり、
その点も心地よかった。バランスがいいって、なかなかないもの。
セットリストも耳馴染みの良い曲ばかり。
ヴォーカルなしの曲が続き、アンコールでアンディが歌ったときは、
想像したよりも甘くキレイな声だったので、これまたビックリだった。
夫も「もっと歌えばいいのにね」とは言ったが、
良かった良かったと珍しく大満足だった。

ポール・ギルバートと。(2009年)


ドラム、サイモン・フィリップスだよね。(2006年以前)


自分のための貼り付け。


CD「プレイズ サージェント ペパー」 2011年05月25日 発売予定
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

大木トオル☆ディナーショー [音楽]

昨年12月、ロイヤルパークホテルに於いて、
大木トオルさんのクリスマス・チャリティ・ディナーショーが行われた。
sRIMG0042.jpg
大木さんはMr.Yellow Bluesであり、また、セラピードッグに関してのパイオニアとしても活躍中、
大木トオルミュージアム&セラピードッグ写真展も同時開催された。
sRIMG0013.jpg sRIMG0019.jpg
sRIMG0020.jpg sRIMG0025.jpg
sRIMG0026.jpg
そのセラピードッグのご縁で、鳩山由紀夫・前総理の姿もあった。
そして、大木さんを慕う今では立派なお弟子さんたちも。
美空ひばりさんが亡くなった後、愛息の加藤和也さんは、
大木さんの下にボーヤとして入り、音楽とプロデュースの勉強をさせてもらったそうで、
一番弟子がクールスの佐藤秀光さん、二番弟子がクレージーケンバンドの横山剣さん、
三番弟子が加藤さんとなるそうだ。
sRIMG0038.jpg sRIMG0030.jpg
sRIMG0043.jpg sRIMG0049.jpg
sRIMG0055.jpg sRIMG0057.jpg 
ディナーショーなのに、じっとしてはいられず、
私たちは踊りまくってしまった。
撮影も制限なし。なんて優しいのだろう。最高の気分になれた。
タグ:大木トオル
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

DAVE MASON [音楽]

1/18 超久しぶりの中野サンプラザ、帰宅ラッシュに巻き込まれ、
ヘロヘロでたどり着いたのだが、
元トラフィックのギタリスト兼ソングライター、
デイブ・メイスンの心地よい歌声、包容力を感じさせる風貌、
飽きさせない幅広い曲調に、す~っかり癒された。
ベースの音が聴こえないのは残念だったけれど、
いい曲揃いで、聴き入ることができた。
アンコールでは、私の好きなGimme Some Lovin’を演ってくれてノリノリ、
楽しかったよ~~!
CD「ライヴ~情念」に入っているのだけど、YouTubeで見つけられず。
トラフィックやスティーヴ・ウィンウッドのはアップされているのだが。
オリジナルのスペンサー・デイビス・グループでイットコ~。
ドラムスの尊大な感じが嫌だけど。(爆)




コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Hold On, I'm Comin' [音楽]



内田裕也とフラワーズは、一時期、管楽器奏者を数名擁していた。
そんなとき、新宿ニューACBで1度だけ観た聴いた、
サム&デイブのヒット曲「ホールドオン、アイムカミン」!
うぅ、痺れまくった。今でも、この曲を聴くとブルブルくる。
管と弦が踊りながら演奏、振り付けがバッチリ決まっていたのだ。
この動画、本家のは管だけが振り付けされている。
でも観れるって、嬉しい!
基本の振りは同じだから。
フラワーズのは、もっとキレがよくカッコよく、
照れ具合も楽しかったのだが。
そうそう、腰をくねくねさせるところもあったし、
横一列になって、ステージ前面に進み出てきたのだ。
私にとってはサプライズ。
持ち歌ではないのに、どういう経緯でああなったのかな?(謎)

タグ:フラワーズ
コメント(11) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。