So-net無料ブログ作成
検索選択

キャデラック・レコード [映画]

「キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語」(2008年製作)
DVDで観賞。公式HP http://bd-dvd.sonypictures.jp/cadillac-record/
cadillacr.jpg
事実に基づいたストーリーは興味深い。
1950年代、ブルースからロックンロールが生まれ出る陣痛のようなものを体感できて、感動した。
プレスリー以前のことは、全く知らないでいたので、
面白い教材を与えられた子供のように、喜びながら勉強wできた。
展開上、史実と変えられた点も少しあるそうだけれども。

レナード・チェスは白人でありながら、黒人音楽のレコード・レーベル「チェス・レコード」を設立。
愛と友情と成功、そして終焉まで、ヒット曲を聴かせながら小気味好く描かれていた。
黒人差別が激しいさなか、黒人のミュージシャンが垣根を払っていく様は心地よい、
JukeやMy Babeがヒットしたリトル・ウォルター、
本人の額にある深い傷が、どのように付けられたか、
また、アルコール依存症になった彼が、
酒を飲んだきっかけも観ることができた。
slittlew.jpg

モデルとなった人々と、演じた役者の歌を聴き比べるのも楽しいことだ。
エタ・ジェイムス役のビヨンセ!いやはや、歌唱力に敬服した。
ドリームガールズしか知らなかったもので。
歌詞の中の人生と一体化していたのだもの。

コメント(2) 
共通テーマ:音楽

ノーウェアボーイ [映画]

11/9 映画「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」を観た。
(コレットマーレ内の横浜ブルグ13にて)
sRIMG0006.jpg
ジョン・レノンの多感な少年期を描いた作品ということで、
ジョンを演じる役者が、イメージに合っているか不安だったが、
厳しいオーディションで選ばれたであろうから、
ま、大丈夫だろうな・・・
そんな気持ちで観始めた。
ところが、どひゃ~ん!
期待以上で、徐々に若き頃のジョンそのものに見えてくる。
ジョンのキラキラした魅力が生き生きと、
溢れんばかりにスクリーンに踊っていた。

ジョンレノン・ミュージアムを見学したことが、ちょうど予習になって、
模型で見たミミ伯母さんの家が、そっくり実物大で出現し、
ジョンが授業中に描いた漫画が、鮮やかに進行形で出来上がっていく。
展示してあった写真が動き出したような場面もあり、
それだけでも興奮してしまった。
sRIMG0005.jpg
両親の諍い、二人の母に愛されるという不安定な境遇、
愛され愛したひとが次々と亡くなるという不幸、
それをジョンは、最もジョンらしく乗り越えていく。
涙なしでは観られなかった。(もうポロポロ)
夫は、「歳のせいかな?涙もろくなったよ」と言っていた。

コメント(0) 
共通テーマ:映画

毛皮のエロス [映画]

毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト
(監督スティーヴン・シャインバーグ 2006年度製作)

写真家」「異形の種」というキーワードに反応する自分には、どツボの映画だった。
フリークスに対し、畏怖と同時に畏敬の念を覚えるので、
写真家のヒロイン(ニコールキッドマン)に感情移入でき、
ワクワクドキドキ、高揚感を味わえた。
fur-dvd.jpg
なんの予備知識もないまま、ロバートダウニーJr.の出演作を追っかけ中に
出会った作品だが、彼はいつも期待以上。
目だけの演技が彼ならではで、目の周りから口以外、毛に覆われていても、
なんてキュート、ラブリーなんだ!毛を剃らなくてもいいじゃないかと思ってしまった。
「歌う大捜査線」では重度の皮膚病患者で、目を伏せたくなるような症状なのに、
なんと!チャーミングだったのだ。
未見の「トロピック・サンダー」では、整形手術で黒人になってしまうオーストラリア人役だし。

そもそもは、彼が「アリーMyラブ」で、ステイングと
「Every Breath You Take  見つめていたい」を歌ったときに、ハートが射抜かれ・・・
曲との相乗効果かとも思ったが、難役を見事にこなす実力者でもあったのだ。
子役から中年のアイアンマンまで、どの年代でも魅力的なのは稀有なこと。
出演作を制覇するまで、無上の楽しみは終わらない。(。-∀-)ニヒ♪


以下は「毛皮のエロス」の予告編です。

続きを読む


コメント(2) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。