So-net無料ブログ作成

ANDY TIMMONS BAND [音楽]

3/1  六本木STB139にて。

また来日したら絶対に行く!と思わせてくれたアンディ・ティモンズ。
男性客が断然多かったのだが、
私は、アンディの魅力に魅入られ、正直イキそうになった。
ギターの音、テク、勿論最高!
STBのキャパだから、身体から醸し出されるオーラを直、感じ取れる。
セクシー且つ知的。センス良し、清潔、そして優しそう。左薬指の指輪がキレイだし。
口を一文字に結び、ニコッとする笑顔にキュンキュンきてしまった。
ドラムとベースのトリオ編成で、ベースのソロもあり、
その点も心地よかった。バランスがいいって、なかなかないもの。
セットリストも耳馴染みの良い曲ばかり。
ヴォーカルなしの曲が続き、アンコールでアンディが歌ったときは、
想像したよりも甘くキレイな声だったので、これまたビックリだった。
夫も「もっと歌えばいいのにね」とは言ったが、
良かった良かったと珍しく大満足だった。

ポール・ギルバートと。(2009年)


ドラム、サイモン・フィリップスだよね。(2006年以前)


自分のための貼り付け。


CD「プレイズ サージェント ペパー」 2011年05月25日 発売予定
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。